遠い昔 あなたの家の前まで行った事がある 一人、歩いて   聞いていた外壁の色 絵に書いてくれた見取り図 近所の建物   接点が全く無かった、あなたと私   あなたがよりいっそう身近な人にな …
彼は 仕事の愚痴や日常の大変だという事を あまり言わない どんなにスケジュールがぎゅうぎゅうでも “忙しい”を使わない   メッセージの中にある少しの特徴と 返信にかかる時間で 私が“忙しい”と察しているだけだ …
  雪穂のこと誰よりも一番想ってんの、俺やから こんな想ってんの他におらん   何度聞いても クスっと笑ってしまう(…失礼)笑 だって、すごく自信あるんだもん   はい、分かってますよ あな …
今回もすごく良いお天気だった あなたが会いに来る時は、いつも暖かい日で   日頃どんなに「寒いよ~」と伝えてても 本当に極寒の日を あなたは未だに知らない   往復3200キロ、日帰りで会いに飛んで来 …
毎日が早い早い(汗)   4カ月ぶりにしたデートの事を書けないまま ふたりの記念日までも、過ぎてしまった(*_*)   今年はビックリした 自分で自分に驚いた そして そんな自分に、苦笑いしたんだ(^ …
風情ある町並みに青空と淡いピンクの花 満開をむかえた桜の写真 今年はいつもより届くのが早かった   仕事途中のひと休み 「今が桜の見頃やから、いっぱい花見してやった」 彼の上から目線が可笑しくて(笑) さぞや桜 …
PAGE TOP